牛久シャトー、レストランが再開!! コース料理を堪能しました!

2020年 6月20日 遂に牛久シャトーで 一部ではありますが、レストランが再開いたしました。

 

また、お土産等を扱う物販ショップも併せて復活。

 

この日を待ちわびていたかのように、朝から多くの人達が来場していました。

 

 

更に、このタイミングで「牛久シャトー」が 日本遺産 に認定。

 

山梨県甲州市と共同で申請していた「日本ワイン140年史~」が

 

甲州市共々、人と土地が結びついた夢のある物語として日本遺産に認められたのです。

 

このタイミングを狙ってのレストラン再開だとすれば、なかなか粋な計らいかもしれません。

 

 

ちなみに飲食・物販再開に伴い、牛久シャトーの目の前に位置する有料駐車場では

 

レストラン・ショップで千円以上ご利用で2時間無料、二千円以上で4時間まで無料となりました。

 

 

では早速、レストランへと向かいましょう!

>> 続きを読む


取手・小堀(おおほり)の渡し、30年ぶりの新船に乗ってきました!

関東で渡し船と聞いて思い浮かぶのが、千葉県・松戸の矢切の渡しと茨城県の小堀(おおほり)の渡しです

 

実はこの茨城県の小堀(おおほり)の渡しの運行船が30年ぶりに新船になるという事で

 

令和2年3月1日、新船 就航記念に行って来ました。

 

この日は午前中に記念式典が行われ、午後からこの日だけという新旧の舟による同時運行が行われました。

 

乗船運賃は無料で、船着き場はふれあい桟橋からのみ出航という条件付きです。

 

新しい船の乗り心地はどうだったのか、体験してきましたので

 

是非、今後行かれる時の参考にしてみてください。

 

では出発進行!

>> 続きを読む


稲波干拓のオオヒシクイを見に行った! 飛翔する天然記念物

朝方テレビを見ていたら、茨城県の稲敷市の稲波干拓地(いなみかんたくち)

 

国の天然記念物であるオオヒシクイが飛来しているという情報が。

 

冬の使者、オオヒシクイの名前は聞いた事があったが実物はお目にかかっていない。

 

車であれば自宅からさほど遠くないので見に行って来ました。

 

関東でオオヒシクイを間近で拝めるのはここだけ。

 

日本では他には、宮城県の伊豆沼、新潟県の福島潟、そして北海道の宮島沼。

 

では関東地方唯一の越冬地、稲波干拓地へ出発です。

>> 続きを読む


日本一うまいラーメンショップ・牛久 結束店 値段の安さも日本一!

以前「ラーメンWalker茨城」という本を見ていたら

 

茨城県で一番うまいラーメンショップのお店を紹介していました。

 

ラーメンショップ大好きの私は強い興味をそそられ、思わずガン見。

 

ラーメンショップ 牛久結束(うしくけっそく)店

 

「どこどこ、どこなの?」と地図をみていたら、自宅からそんなに遠くない場所。

 

そう言えば、たまに通る道路沿いにいつも混雑しているラーメンショップがありました。

 

 

何故いつも混雑しているのか不思議でしたが、そういう事でしたか!

 

その後何回か通う内に、すっかりこのラーメンショップの虜に。

 

久しぶりに食べたくなって、行って来ました。

>> 続きを読む


袋田の滝 ライトアップで感動したいなら、このルート以外は通っちゃダメ!

秋・冬限定で行われる、袋田の滝ライトアップ

 

期間は令和元年であれば、11月1日から翌年の1月31日にかけての3ヶ月間。

 

ライトアップされる時間帯は、11月は日没から20時まで。

 

12月から1月にかけては、日没から19時までとなっております。

 

袋田の滝と言えば日本三名瀑に数えられるほどの有名な滝なので、一度位は行った事もあるはずですが

 

この夜間ライトアップを体験された方は、案外少ないのではないでしょうか。

 

 

昼間に見る袋田の滝とは又違った、大自然の迫力と水墨画を思わせる幽玄な世界に感動する事

 

間違いなし!です。

 

 

ただ、このライトアップで涙する位の感動を味わいたいのなら絶対に通ってはいけないルートがあります。

 

ここではその感動MAXのルートをあなただけにお伝えしたいと思います。

 

行ったあとで読んでも、手遅れですよ~!

>> 続きを読む


花貫渓谷・汐見滝吊り橋に行く為の一番便利な駐車場は? ここです!

茨城県の紅葉穴場として、近年有名になりつつある 花貫渓谷。

 

その中でも最も人気があるのが花貫川にかかる、汐見滝吊り橋ではないでしょうか。

 

花貫渓谷の情報を探ると、真っ先にこの汐見滝吊り橋の写真が紹介されます。

 

橋を埋め尽くす真っ赤な落ち葉のジュウタンと、それを取り囲む色とりどりの紅葉。

 

 

では、この花貫渓谷・汐見滝吊り橋に車で行く時に、最もアクセスの良い駐車場はどこか?

 

今回はその駐車場の情報と試験的に行われている夜間ライトアップの模様を

 

ご紹介したいと思います。

>> 続きを読む


牛久シャトー、飲食・物販が遂に復活か? 期待大!

永らく飲食・物販店が閉鎖となっていた牛久シャトーで、再開の噂が聞こえてきました。

 

2019年7月末、茨城県牛久市がオエノンホールディングス(株)から牛久シャトーを

 

賃貸借する方向で基本合意してから二か月余りが過ぎ、かつての賑わいが戻ろうとしています。

 

現在、閉鎖となっているものは

 

・レストラン キャノン

 

・ラ・テラス・ドゥ・オエノン

 

・バーべキューガーデン

 

・スーベニアショップ(物販)

 

・ワインセラー

 

等です。 更にワイン・ビールの醸造所も営業を取りやめております。

 

これらの飲食・物販店が来春に向けて準備を始めた模様です。

 

 

実際に蓋を開けてみなければ分かりませんが、以前の再開の時期は未定という段階から

 

大きく前進しているようです。

 

 

再びあの地でワインを傾けたいという人々が、心に誓った約束の場所が再開しようとしています。

>> 続きを読む


「まつり つくば」とは? 茨城県でねぶた祭りってどういう事!

毎年8月下旬の週末(土日)に開催される、つくば市の「まつり つくば」

 

この祭りを楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

 

2019年、令和初となる今回は8月24日と25日の二日間にわたり開催されました。

 

私も始めて訪れた、この祭り。 予想以上の規模と人の多さに圧倒されました。

 

今回は実際に使った駐車場や見ておきたい催しもの等をピックアップして参ります。

 

次回、訪れる際の参考にして頂ければと思います。

 

 

では早速、行って見ましょう! 「ラッセーラー、ラッセーラー」

 

>> 続きを読む


かすみがうら市水族館は、霞ケ浦の生態系を学習する場所だった!

霞ケ浦の湖畔でひっそりと営業する、かすみがうら市水族館

 

水族館という名前につられて、訪れると少し肩透かしを食うかも知れません。

 

何故なら、このかすみがうら市水族館に集められた魚達は

 

今現在も霞ケ浦に生息している、もしくは以前に生息していた魚達だけの水族館だからです。

 

 

カラフルな海水魚やアマゾンの巨大魚がゆうゆうと泳いでいる光景を思い描いて来場すると当てが外れます。

 

 

そうここは、今現在の霞ケ浦の生態系を学習する場所だったのです。

 

近年、話題になっている外来魚と貴重な在来魚。

 

琵琶湖に次ぐ面積を持つ湖沼、霞ケ浦の今を勉強したい方が訪れるところでした。

>> 続きを読む


予科練平和記念館とは? ここには昭和の青春群像があった!

茨城県の阿見町には「予科練平和記念館」という戦争博物館があります。

 

「予科練」とは「海軍飛行予科練習部」の事です。

 

第一次世界大戦以降、航空機の需要が高まり

 

我が国でも若いうちから熟練の搭乗員を育てる目的でこの制度が始まりました。

 

ここ阿見町に於いては、広大な海軍航空隊があった為に

 

神奈川県の横須賀から「予科練」が移転し、終戦まで中心的な役割を担う事になりました。

 

 

そのような歴史的背景もあり、ここに命の尊さや平和の大切さを学んでもらおうと

 

予科練跡地に、この「予科練平和記念館」が設立されたのです。

 

 

間近に広大な霞ケ浦が広がるこの地で、自ら予科練に志願した昭和の少年たちを追ってみました。

>> 続きを読む


当ブロブ管理人

おたけと申します。茨城県在住です。地元ならではの情報も順次、取り入れて参りますので、よろしくお願い致します。

カテゴリー
人気記事一覧
スポンサーリンク




最近の投稿
アーカイブ

ページの先頭へ