牛久沼でバス釣り、おかっぱりの旅日記


牛久沼は、茨城県竜ケ崎市にある大きな沼です。

 

また、ここは昔から河童伝説でも有名な場所です。 沼の中央に小さな島があります。

 

かなり前はここにウナギなどを食わせるお店があったそうです。

 

いまでは島に架かる橋も無くなり、さびれています。

 

ある小説でここにあった割烹屋の生け簀に、河童が飼われていたというものがありました。

 

とんでもない話です(笑)。 しかし、なんとも興味深い話ですね。

 

一説には、河童の正体は巨大なナマズだという説もあります。

 

そんな空想にふけっていたら、久しぶりにバス釣りに出かけてみたくなりました。

 

 

以前は、(10年位前)釣りに行けば必ず2~3匹はブラックバスが釣れていました。

 

河川を上から覗けば、そこかしこにブラックバスの魚影が見えていたものです。

 

一時のブラックバスブームがあり、外来魚へのバッシングもあり、

 

ここ牛久沼には今でもブラックバスはいるのでしょうか? 探検です。

 

牛久沼、バス釣りの旅

 

牛久沼と一口でいっても、支流も含めますとかなり広域な地域にまで及びます。

 

ここ牛久沼には、3つの大きな川が流れ込んでいます。

 

沼そのものでも釣りは出来ますが、広すぎてボートでもなければポイントを絞り込むのは無理でしょう。

 

 

今回は、おかっぱりという事で比較的、実績の高い稲荷川に的を絞ってみたいと思います。

 

昔、通った道を思い出しながら稲荷川と牛久沼が合流する場所へと到着です。

 

河童君の足の上あたりで稲荷川と牛久沼がつながっています。

 

ここは、バスボートなどをおろす場所にもなっています。

 

稲荷川に関しましては、エンジン付きのボートは禁止です。

 

そういった理由から、おかっぱりをする方も多いのではないでしょうか。

 

 

ここは、ヘラブナ釣りをする方が多いので、真横でルアーを投げるなどは避けましょう。

 

同じ釣り人同士、マナーを守って気持ちよくやっていきましょう。

 

では、少し稲荷川の上流へと行って見たいと思います。

 

ここは、河口からすこし上流に上ったところです。

 

写真のような台があちこちにありますが、乗ると非常に危険ですので足などかけないようにしてください。

 

ここは、3月頃ですとスポーニングシーズンでクランクベイトの底引きで大物が連発します。

 

 

桜の散る頃、よくここでBIGママが釣れました。

 

そのポイントがこの場所! しかし、ここは皆さんも良くご存じで常にヘラ師がいます。

 

もし空いていたら、迷わずクランクベイトを投げて下さい!!

 

目印は対岸にある、この家!

 

石積みの段差があるお家です。 時間があったら、探してみて下さい!

 

すぐに分かると思います。

 

 

さて、今回の釣行は秋の気配が漂う10月中旬でしたので、活性もあがってきているはずです。

 

さっそく広く探るべく、バイブレーションで様子見です。

 

飛ばせる方でしたら、向こう岸近くまでは届くのではないでしょうか。

 

延々と引いてみましたが、まったくの当たり無し。

 

杭の近くをスピナべで探るのも早朝であれば手っとり早いかもしれません。

 

 

久しぶりという事もあり、まったく釣れる気がしません(笑)

 

アッ、そうそう牛久沼での釣行には料金が掛かります。 こんな看板があちこちに立てられています。

 

看板には、しばらくの間、現地売りを400円としますので監視員が来た場合、

 

すみやかに400円払ってね!と書かれています。 一度も会ったことはありませんが・・・。

 

 

さて、いよいよ雲行きが怪しくなってきたので、秘密の場所へと移動したいと思います。

 

更に上流を目指します。 川沿いに進んでいってもいいのですが、

 

この先農道で道が細くなりますので大外回りで、川の上流を目指してもいいかと思います。

 

写真の場所は国道46号線と稲荷川がぶつかる場所です。

 

奥に見える茶色い建物が茎崎交流支援センターになります。

 

 

ここから下流に向かいRUN&GUNです。 ただ道が狭く農道のため、

 

駐車位置には気を付ける事と農機車両がきたら優先して道を譲るようにしてください。

 

 

少し下って、一つ目の橋の当たりが一時期釣れまくっていた有名なゴルフ場前です。

 

なんと、打ちっぱなしのゴルフ練習場が無くなっているではありませんか!?

 

しばらく来ないといろいろ変わっているものですね。

 

ここでは、連日連夜のプレッシャーからブラックバスもかなりナーバスになっていますので、

 

じっくりとワーム系での攻めがお勧めです。 私は昔ながらのセンコーでやってみます。

 

ここでのコツは、ワームを向こう岸のブロックに当てて音もなく着水させるのがポイントです。

 

そのため少し重めのワームなどがおすすめです。

 

昔はこの上から覗くとバスやブルーギルがうようよいて、肉眼でも楽しめたものです。

 

すこし粘りましたが、ダメ! 次です。

 

この橋の先に左カーブしているワンドがあります。 ここに最後の望みをかけます。

 

いました。 一匹、泳いでいます。 フ~!音をさせないよう近づいてキャスト!

 

ウマく、向こう側の石組のブロックに当たり着水。 やはり、もってる人は違います。

 

え~、30分程粘りましたが、完全シカトです。 もう、帰ろうかなあ~。

 

 

結論から申し上げますと、牛久沼にはもうブラックバスはいません!(イヤイヤ)

 

せっかくここまで来たので、この少し先におかっぱりで有名なポイントがありますのでご紹介しときます。

 

 

先程の46号線まで戻り、国道6号線ではない方に進むと、最大の支流谷田川に当たります。

 

橋を渡る手前の森の里信号を右折すると、きれいに護岸された場所にでます。

 

ここは、足場が大変に良いのでファミリーで釣りを楽しむには最高のポイントになります。

 

ただ、私はここでいい思いをしたことがありません。

 

すっかり、やる気の失せた私はカメラによって来る白鳥と遊んでいました。

 

 

まとめ

 

やはり、以前と比べるとブラックバスの濃さが薄くなっている気がします。

 

ブラックバスに限らずですが、魚というものは湖沼に移植された当初は、

 

ものすごい勢いで増殖していきますが、時間が経つにつれ、

 

その湖沼のエサに見合った分だけが生き残っていくといわれています。

 

 

10年程前は、その増殖期の最中だったのかも知れません。

 

今現代は、ブラックバスの生息数も一定になり、安定期に入った模様です。

 

ここからが本当の腕の見せ所かも知れません。

 

 

最後に、竜ケ崎ニュータウンから国道6号線に向けて下ってくる陸橋があるのですが、

 

そこからの牛久沼が本当にきれいなので写真を載せておきます。

 

それでは、大変にお疲れ様でした。

 

 

釣れなかった日は管理釣り場で、心を癒しましょう。 管理釣り場の大物狙いは、こんな場所だった。

 

小貝川のバス釣りはこちらです。:  小貝川でバス釣り、おかっぱりの旅日記。冬でも釣れますよ!

 

旧小貝川の道仙田も楽しいです。: 小貝川・道仙田でバス釣り、おかっぱりの旅日記。今、道仙田が熱い!

 

千葉県の手賀沼で悪戦苦闘!    手賀沼でバス釣り、おかっぱりの旅日記。冬はDEEPで決まり!

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ