小貝川でバス釣り、おかっぱりの旅日記。冬でも釣れますよ!


毎朝、恒例のウォーキングをしていて、ふと横を見ると小貝川の水位が減少していた。

 

こ、これは!  そう毎年9月を過ぎると、小貝川の水位が減がるのです。

 

小貝川は農業用水としての役割があり、4月から8月までは増水期、9月から3月は減水期に入ります。

 

ネットで調べてみると・・・

 

減水期には水位が下がりブラックバスの密度が上がるため、非常に美味しい思いが出来るとの事

 

さ、早速釣行だ! と意気込んではみたものの、はたしてどうなることやら・・・・。

 

とりあえず、もし釣れなかった時の保険として、

 

せっかくですので冬でも釣れるポイントを極秘に紹介することで勘弁してもらいましょう。

 

なにやらハナから弱気だけど大丈夫かな~。

 

小貝川でバス釣り、おかっぱりの旅日記

 

あっ!ちなみに小貝川とは、茨城県にある牛久沼水系の一つで、

 

昔は「暴れ川」という異名を持つ程の河川で、大雨が降るとすぐに氾濫することで有名だったそうです。

 

今は護岸整備もしっかりされて市民のよき憩いの場となっております。

 

 

さてさて、では今回は国道6号線にある文巻橋を起点に上流へと昇ってみたいと思います。

 

 

マークされている場所が、起点の文巻橋です。 そう私は今ここに立っています。

 

最近までここに打ちっぱなしのゴルフ練習場がありました。

 

休みの度に多くのゴルファーが足繁く通っていましたが、少し前に閉鎖となったようです。

 

わずかばかりの間であっという間に草が伸び、歩くのもままなりません。

 

ゴルフ場跡を突き進み小貝川をのぞいてみると、かなり水位が下がっています。

 

ここは根掛りがひどい場所なのでペンシル型のルアーで様子見です。

 

ただ、いかんせんこちら側だと足場が悪く、護岸されている反対側に回るべきでした。

 

ここは早朝であれば、トップウォーターでもガンガンくる場所です。

 

知り合いがここで雷魚を釣ったとか。

 

しばらく粘りましたが、日が高くなったせいでまったく当たりはありませんでした。

 

 

では、ここから上流に向けてRUN&GUNなのですが、ここを少し下流に下ると大きな水門があり、

 

牛久沼から流れ出た谷田川と小貝川がぶつかる場所があります。

 

釣り人も多い場所なので少しだけ紹介しときます。

 

向かって左側に行くと小貝川とぶつかります。

 

ここは牛久沼から流れ出した谷田川という場所で多くの釣り人でにぎわっています。

 

ちょっと分かりずらいのですが、奥のほうが小貝川になります。

 

おかっぱりですとポイントが広すぎて手に負えません。ここはボートから葦などを狙う場所ですね。

 

また、もう少し下流に下ると豊田堰があります。 春先には様々な魚種が集まります。

 

バスはもちろんの事、鯉、フナ、そしてご覧のようなナマズまでも釣れちゃいます。

 

小貝川でナマズは釣れる?! 豊田堰に行きましょう!

 

 

では、いきなり冬場でも釣れる極秘ポイントへ向かいましょう。

 

移動は車になりますので、あしからず・・・。

 

 

冬でも釣れる小貝川ポイント

 

その場所は伊丹水門です。 先程の文巻橋を超えてすぐに左に入ります。

 

しばらく川沿いを進みますと、右手に病院が見え、その先に写真のような二手に分かれる道が現れます。

 

これを左に進みます。 左手に小貝川を眺めながら、しばらくのどかな田舎道を走ります。

 

まるで北海道の釧路湿原にきたようです。←何をいっているんでしょう?

 

この伊丹水門は知る人ぞ知る場所です。

 

冬になれば当然、どこもかしこも釣れなくなるのは世の常です。(´;ω;`)ウゥゥ

 

しかし、ここは冬でも釣れると極秘情報を入手したので、

 

出かけてみると本当に12月の寒い日でしたが、バイブレーションで釣れちゃいました。

 

 

見えてきました。ここが伊丹水門です。

 

道沿いに進んでいくと、左カーブとなりそのまま水門の橋を渡れます。

 

ここの用水路にバスが潜んでいます。

 

流れのある本流から離れた場所は冬でも寒さをしのげるのか、絶好の隠れ家になっています。

 

さあ、釣るかと思って車を降りると、ナント、先行者の方がいらっしゃいました。

 

 

かなりマッディ(にごり水)ですね。 このような場所なので誰かいるとアウトです。

 

イヤイヤ、参ったな・・。

 

 

アッ、そうそう。マッディウォーターの場合は深い場所はチェックしなくてもイイって知ってました。

 

マッディウォーターだと深場は光が差し込まず、ベイトフィツシュのエサになるプランクトンが

 

発生しづらくなります。 なので深場はベイトフィツシュもいなくなるので、

 

バスもそれに合わせて深場ではなく表層にいるというわけです。

 

 

話は逸れましたが、機会があれば早朝に訪ねてみて下さい。 寒くても釣れる場所です。

 

では、もう少し先に行って見ましょう。

 

伊丹水門をこえてしばらく進むとイイポイントが左側に現れました。

 

本田排水樋管という場所でした。

 

なにやら大物が潜んでいそうなワンドです。

 

ここなら、先程の伊丹水門と同じように冬場でも釣れそうな感じです。

 

ではここで、本腰を入れてやってみましょう。

 

 

足場も良く、雰囲気もあります。 今回のタックルは、またまたベイトタックルです。

 

本気で釣る気ならば、スピニングリールで繊細な釣りをすべきでしょうが、

 

ナントモ慣れ親しんだベイトリールから離れられません・・・。←だから、釣れね~ん~だよ!

 

年代物ですが、シマノのメタ二ウムMgです。 使いやすいんですよね。

 

竿はDAIKOの安物。 DAIKOはもう一本持ってますが、超お気に入りです。

 

今回のエサは、生餌でもいいのですが(爆)とりあえず、こんな感じで挑戦です。

 

このルアー、引くとくねくねと身をよじらせてバスさんをおびき寄せてくれます。

 

以前、このルアーで管理釣り場に行き、ひとりで爆釣していたら、一緒にいった知り合いから

 

「それ、反則だろっ!」とお叱りを受けるほど釣れたルアーです。 どこのメーカーだろ?

 

相変わらずの見事なモンローウォークですが、あたりは静まり返ったままでした。

 

ここで結論です。 小貝川にはバスはいません! (イヤ、イヤ、イヤ)

 

 

とりあえず、11月というのに汗ばむような陽気です。

 

これだけ暑いとなかなかバスも口を使わなくなるようです・・・。

 

コーヒーでも飲んで一息入れましょう。

 

 

今回の釣行を振り返って(おまけ付き)

 

小貝川の減水時期は、普段隠れていて見えない杭などが現れ、

 

その横をスピナーベイトで流すと面白いように釣れると、他の人のブログに書いてありました。

 

 

ただ、そのようなエキサイティングな釣りが出来るのは、9月、10月、11月位迄でしょう。

 

12月も場所さえ間違えなければ、釣ることは出来るといった感じです。

 

1月、2月に於いては小貝川の水位はご覧のように、驚くほど下がります。

 

特に1月の終わりから2月にかけては、水量が減って、中州が現れる程です。

 

こうなってくると、小貝川での釣果は期待できません。 3月まで待ちましょう ( ´艸`)

 

 

3月末の小貝川の水位状況です。 参考にどうぞ!

 

春の小貝川、増水期に突入か!? ただ今、準備中でした!

 

 

 

3月に入り期待の持てるポイントを一つ紹介しときます。 これがおまけです。

 

それは、スモールバスも釣れる事で有名な小貝川のテトラ帯です。

 

 

つくばエキスプレスが走る陸橋から少し下流にある場所です。

 

地図の水神社から上に沢山のテトラが入っています。 減水期でもここはある程度の

 

水位が保たれている為に大勢のバサーで賑わっています。

 

満水期に入るとまた違った様相になりますので、3月桜の咲く頃、訪れて下さい。

 

スモールや川バスの強烈な引きを存分に楽しめるはずです。

 

テトラに潜られた時の為に、少し太めのラインをおすすめします。

 

 

というわけで、次回は心を入れ替えて、素晴らしい釣行になるように頑張りたいと思います。

 

えっ! バスの写真が一枚もないって!

 

ハイハイ、分かりました。最後にとっておきのバスの写真で締めくくりたいと思います。

 

<無料ピクチャーからもってきた写真だろ、これ!>

 

次回は自分で釣った写真で締めたいと思いますので、懲りずに又、お読みください。

 

では、また・・・。

 

 

牛久沼のおかっぱり記事はこちらからどうぞ!:  牛久沼でバス釣り、おかっぱりの旅日記

 

旧小貝川の道仙田に行って来ました!: 小貝川・道仙田でバス釣り、おかっぱりの旅日記。今、道仙田が熱い!

 

千葉県の手賀沼にも遠征です!   手賀沼でバス釣り、おかっぱりの旅日記。冬はDEEPで決まり!

 

遂に霞ケ浦の釣行です!   霞ケ浦でバス釣り、おかっぱりの旅日記。清明川に行って来ました!

 

どうしても一尾釣りたい人はこちら! 茨城県バス釣り穴場スポット・阿見町総合運動公園の巻

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ