「美女と野獣」エリア体験談・増殖が止まらないTDL!


2020年12月某日・・

 

東京ディズニーランドに新しくオープンした「美女と野獣」エリアを見に行って来ました。

 

 

最近では入園チケットでさえ、手にする事が難しくなっているTDL

 

※2020年12月時点で現地での入園チケット販売はしておりません。

 

ネットからの抽選販売のみになります※

 

そんな中伺っても、「美女と野獣」エリアの新アトラクションは

 

実際に来場してから、更に抽選という障壁が待ちかまえているのです!

 

これではTDL離れが起き始めていると云われても、仕方が無いように思ってしまいます。

 

ただ現在コロナが猛威を振るっているため、ソーシャルディスタンスの関係上

 

人数制限を行うのは致し方ない、というのも十分うなづける理由です。

 

 

まあ、ここであーだこーだ言っていても仕方がないし

 

せっかくTDLに来る機会に恵まれたので、増殖を続ける新エリアを楽しみましょう!!

 

早速、「美女と野獣」エリアに行ってみた!

 

まずパークに入る際は、体温を検査して問題なければ無事入場できるというシステムです。

 

この様な作業は今やどこの施設に行っても当たり前です。

 

 

そして実際にエントランスに足を踏み入れるとその人の少なさに驚きます。

 

エッ、本当に・・・

 

こんなディズニーランド見た事ない!

 

しかし訪れた人からすれば、こんな絶好のチャンスはない訳です。

 

 

だってアトラクションの待ち時間は少なくて済みますし

 

何より密状態を回避出来るのですから。

 

 

さあ入場も終えたので、ここで「美女と野獣」エリアの新アトラクションの抽選に入りたいと思います。

 

ドキドキ・・・

 

ハズレです。

 

そ、そういえばベイマックスの新アトラクションも出来たんでしたっけ。

 

こちらはどうだ!!

 

 

ハズレ・・(専用アプリからの抽選形式となります)

 

 

ミニーちゃんの新アトラクションは・・

 

は・ず・れ・・

 

 

ま、まあ・・、私たちが入れなかった分、誰かに幸せが舞い降りている訳ですから

 

ここは広い心を持って良しとしましょう。

 

夢と魔法の王国なのですから・・・

 

(・д・)チッ

 

 

さてさてまずは「美女と野獣」エリアに行ってみましょう。

 

このエリアは、ベルが暮らしていた村から入っていくのがベストです。

 

マップ的にはトゥーンタウンの入り口付近からになります。

 

ココですね。

 

村が見えてきました。

 

物語の設定場所はフレンチでしたよね。

 

しかしながら毎回驚かされるのが、この作りこみの凄さ!

 

完全に物語の世界へと没入していきます。

 

 

語彙力の乏しい方が必ず口にする言葉しか出てきません。

 

「これマジでヤバイ!!」

 

 

広場ではガストンの噴水が更に世界観を盛り上げます。

 

少し進むと、村からは魔獣が棲むといわれるお城が姿を現します。

 

あ、あれですか。

 

人を見かけだけで判断したため、野獣へと姿をかえられた王子の棲む城というのは。

 

お城へと足を向けます。

 

 

途中、出てくる色々なレストランやショップ、物語と関係するオブジェ等を楽しみます。

 

設定が細かそうですね。分かる人には分かるゾーンなのでしょう。

 

ただ私がビックリしたのはお城もさることながら、その後ろにそびえる雄大な山脈です。

 

何これ?いつの間にこんな凄い山が出現したの?

 

これ、絵に描いたハリボテなのか、何なのか分かりませんが

 

とにかく遠目で見ると本物の山にしか見えないのです。

 

 

恐るべき、ディズニークオリティ!

 

後で知りましたが、これは「ファンタジーランド・フォレストシアター」の一部で

 

建物を隠すための ”ハリボテ” で間違いないそうです。

 

 

そしてこちらが魔獣の棲むお城です。

 

何やら邪悪な雰囲気が辺りを包み込みます。

 

 

正面入り口では抽選に当たった人しか入れないので、当然厳重な警備網が敷かれていますw

 

正面からはあまり近づけませんが、向かって右側に進むと・・

 

側面からではありますが、割と近い距離でお城を撮影することのできる場所があります。

 

こんな感じ

 

この滝があるところが目印です。

 

夜間になるとまた昼間とは違ったライトアップのお城が見られます。

 

正面側では多くの人が押しかけますが、ここだと人も少なくおススメです!

 

 

 

ガストンの酒場レストランに行ってみよう!

 

ここは「美女と野獣」エリアにあるレストランで、物語に登場する悪役ガストン一味のたまり場?です。

 

正式名称は「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」

 

お店の奥には映画に登場するシーン等がそのまま再現されているみたいですが

 

ここも着席して食事をするためには、抽選に当たらなければなりません。

 

ただ食べ物を買って外のテーブルで食べる事は可能です。

 

 

メニューはご覧の通り

 

店内に入ります。

 

賑わっております。

 

取りあえず、荒くれ者たちの酒場ですから注文も豪快に頼んでみます。

 

「看板にあるもの、全部持ってこい!」(←ウソです)

 

本当に全部持ってこられましたw

 

案外、見た目よりもボリュームのある食べ応えに満足です。

 

ただこの日、外ではあられが降り出しかなりの寒さ。

 

出来れば、座って店内で食べられればいう事ナシですね。

 

 

お腹も満たしたところで、少し他のアトラクションにも行ってみます。

 

「ベイマックスのハッピーライド」

 

ここも新アトラクションという事で多くの人で賑わっています。

 

園内を歩けばショウウィンドウには多くの「美女と野獣」グッズがいつもより多く並んでいます。

 

ポット夫人等は「美女と野獣」エリア以外でも手に入れられますので

 

欲しい方はそちらでの購入もお勧めです。

 

 

更に園内は人を多く集めるイベントは自粛しておりますが

 

たまに建物に面した場所でキャラクター達がシャッターチャンスを提供してくれます。

 

こんな優しい心遣いもTDLならではですね。

 

この後は

 

ジャングルクルーズや

 

スターツアーズ等の定番アトラクションも堪能致しました。

 

人数制限を設ける事により、普段のアトラクションもさほど待たずに楽しめました。

 

 

まとめ

 

今回、惜しくも野獣のお城には入れなかった訳ですが

 

その分ベルの暮らす臨場感あふれる村を探索したり

 

禍々しいお城を見れたりで本当はそれなりに満足しています。

 

もちろん中に入れれば一番良かったわけですが、こればかりは仕方がありません。

 

この先は是非あなたの豪腕で、野獣のお城に入る扉をこじ開けてみて下さい!

 

 

きっとそこには目を疑うばかりの夢と魔法の世界が待っている事でしょう。

 

そんなあなたに、お決まりの言葉を贈ってこの物語を終わりたいと思います。

 

 

では、「気を付けて、行ってらっしゃい!!」

 

 

 

 

 

※2020-2021に於いて、コロナ禍により中止となった

 

恒例の年越しイベント「ディズニーカウントダウン」

 

是非、来年に向けて予習もやっておきましょう

 

ディズニーカウントダウン 体験談。普段と一体、何が違うんだ!

 

 

 

 

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ