牛久沼の河童伝説・かっぱの里を訪ねて

牛久市の南西に広がる牛久沼、ここには古くから河童にまつわる話が残されています。

 

いたずらを繰り返す河童をしばりつけていた「カッパ松」という樹が残っていたり

 

牛久沼の岸を歩いていると「オイテケー、オイテケー」という河童の声が聞こえたりと

 

昔の民話の世界がそこかしこに広がっています。

 

また牛久沼に浮かぶ中の島には、昔うなぎなどを食わせていた店があったそうで

 

その料理屋の生け簀に、河童が飼われていたという小説も残っています。

 

国道6号線を通ると、牛久沼に浮かぶ中の島が見られます。

 

ボートで渡ると昔のお店の跡があるなどという話も聞きますが、定かではありません。

 

 

そして牛久沼のほとりには、かっぱの絵を多く残した日本画家 小川芋銭(おがわ うせん)の住居兼アトリエもあります。

 

今回は、この摩訶不思議な「かっぱの里」を巡ってみたいと思います。

 この記事の続きを読む   


パンダのレンタル料、今回はいくらかかるの?!

またまた日本国が中国に対し、パンダのレンタルを要請するみたいです。

 

日本人の大好きなパンダ、このレンタル料はいくら掛かるか知っていますか?

 

例えば、東京都の上野動物園がパンダを受け入れるとしたら、それは東京都がお金を支払う事になる訳です。

 

そして、この要請が受け入れられれば、今回2か所の動物園「神戸市立王子動物園」

 

宮城県仙台市の「 ズーパラダイス八木山」のどちらかにパンダが移送されるわけです。

 

 

兵庫県の神戸市立王子動物園では、現在1頭のパンダがいますが

 

ズーパラダイス八木山であれば宮城県の方は大喜びですね。

 

では、肝心のパンダのレンタル料はいくらなのか?を見ていきましょう。

 この記事の続きを読む   


DIYサビ塗装、専用塗料をキャンディタワーで買ってみた!

前から気になっていた、キャンディ・タワーのサビ塗料を買ってみました。

 

あの所ジョ―ジさんも使っているというサビ塗料。

 

男前インテリアには欠かせないと思い、買っていろいろ試行錯誤していくうちに、

 

何となく使い方が分かってきたので、ここらへんで記事にしてみたいと思います。

 

今までサビ塗装に挑戦してきたけれど何かうまくいかないと思っている方にお勧めです。

 

私もこのサビ塗料を使い、ヤフオクで大きく売り上げを伸ばしてきました。

 

 

そして、これが今回作ったペン立てです。

 

気になる作業手順も載せてますのでDIY気分で、気軽にやってもらいたいと思います。

 

では、どうぞ!

 この記事の続きを読む   


当ブロブ管理人

おたけと申します。茨城県在住です。地元ならではの情報も順次、取り入れて参りますので、よろしくお願い致します。

カテゴリー
人気記事一覧
スポンサーリンク




最近の投稿
アーカイブ

ページの先頭へ