牛久沼バスの主食はゲーリーヤマモトだった!


全国の猛者たちが集まる、ハイプレッシャーエリアに於いても他の追随を許さないソフトベイト。

 

それが ”ゲーリーヤマモト” のソフトベイトです。

 

もちろん、ここ牛久沼に於いてもそれは例外ではありません。

 

しかし皆が皆、”ゲーリーヤマモト” のソフトベイトを投げてバスは釣れるの?

 

と疑問をお持ちの方もいると思います。

 

 

一体、このなんの変哲もない形状のソフトベイトに、どんな秘密が隠されているのでしょうか?

 

この記事を読み終わる頃には、その疑問も解けて釣具屋さんにゲリヤマのワームを買いに走っている事でしょう。

 

そして、まだ使った事のない ”ゲーリーヤマモト”製品にも興味津々です。 見ていきましょう。

 

牛久沼バスはグルメだからゲーリーヤマモトしか喰わない

 

実は私、ゲーリーヤマモトの製品の中でも4インチ センコーしか使った事ないんです。

 

何故かと言うと、センコーだけで何も不満が無かったからです。

 

特にベイトリールをこよなく愛する私は、ノーシンカーでも十分な飛距離をもつ

 

4インチ センコーの虜でした。

 

しかし、ここ近年フィールドもかなりタフになってきました。

 

フィネス(技巧)な技を用いなければ、中々バスの顔も見られなくなってきたのも事実です。

 

 

そこで必要になってくるのが、スピニングリールを用いた繊細な釣りというわけです。

 

ただ、私の持っているスピニングロッドはあまり重いルアーを投げられません。

 

管理釣り場にも対応できるよう、ウルトラライトという柔らかい竿を買ってしまったのです。

 

 

この竿で投げられるルアーの重さの許容範囲は、0.9gから5gまでというもの。

 

結構、シビアです。そこで過去の経験から、ゲーリーヤマモトの軽めのルアーを探しました。

 

まず最初がこれです。

 

ゲーリーヤマモトの2.9インチレッグワームです。

 

体に刻まれた無数のひだが絶妙なバイブレーションを水中に広げてくれます。

 

一説では、このレッグワームを投げて釣れなければ、そこにバスはいないと言われる程の逸品です。

 

4インチ センコーよりも二回りも小さいこのワーム。 果たして、何グラムあるのでしょう。

 

測ってみました。 更にフックも重さに加わるのでフックもはかりに載せました。

 

ズバリ、3gでした。 これなら大丈夫です。 スピニングロッドで投げれる重さの範囲であり、

 

なおかつ3gあればそこそこの飛距離も期待できます。

 

 

続いては、こちら!

 

もはや、定番中の定番。 4”グラブです。 こちらも重さをはかってみました。

 

先程のレッグワーム同様、3gでした。 全く問題ありませんね。

 

次回の釣行が大変楽しみになってきました。そしてこちらが最後になります。

 

こちらも定番です。 ゲーリーヤマモトの3.5”カットテールワームです。

 

これもまた、小魚を思わせるシルエットにプリプリとした動きで、バスを引き出す名作ですね。

 

ただ、3.5”だと重さが大丈夫かなと気になります。

 

2g、ギリです。 やはり、他と比べると少し軽いですね。でも2gあれば何とかなるでしょう。

 

というわけで、今シーズンはこれらを使い爆釣したいと思います。 ( ´艸`)

 

 

※後日、2019年5月末にカットテールワームにて2連発! そしてレッグワームでも。

 

やはり釣れます!

 

その時の詳しい報告はこちらです。

 

茨城県バス釣り穴場スポット・福田工業団地の調整池の巻

 

ただ、ゲーリー製品は他のメーカーに比べると、若干お値段が高いですよね。

 

その辺が、よく釣れる秘密と関係があるのでしょうか。

 

 

何故、ゲーリーヤマモトは釣れるのか!

 

ゲーリー製品って、形だけ見てもそんなに他のメーカーと変わり映えしません。

 

ですが、今なお多くのソフトベイトのお手本になっているのも事実です。

 

そして多くのバサーがここぞという時の切り札にしている理由は一体、何なのでしょうか?

 

まず最初に挙げられるのが、何と言ってもそのボディに含まれる塩の含有量でしょう。

 

この含有量は今なお企業秘密として明かされていません。

 

その重さにより、小魚が弱って水中に沈んでいくスピードと動きをうまく再現しているのが、

 

ゲーリーヤマモトの釣れる秘密の様です。

 

 

絶妙な塩の含有量により、エサとなるベイトフィッシュと見間違う動きを生み出すワーム。

 

どのレベルの釣り人であっても、その差を埋めてくれる魔法のソフトベイトです。

 

話は少し逸れますが、この4インチセンコーは蓄光式のセンコーです。

 

夜になるとボーと光り始めます。 真夏の日中は暑くて中々釣れませんよね。

 

 

でもこれを涼しくなった夜中の1時、2時位の真っ暗い川に投げると面白いように釣れるのです。

 

一度、お試しください。 ただ、夜の川は大変に不気味です  ( ´艸`)ブルブル

 

あと、ゲーリーヤマモトのソフトベイトは決して耐久性がいいとは言えません。

 

2、3回フックさせると、ボロボロになる時があります。

 

ただ、これもあまりにプラスチック感が強すぎるルアーよりも、生命感を大事にした結果だと思います。

 

ワーム自体の素材、これも釣れる要素に入れられるでしょう。

 

 

まとめ

 

ゲーリーヤマモトのソフトベイトは、はじめて間もない初心者の方でも

 

長く経験を積んだアングラーたちのように、簡単にバスをゲットすることが出来るものです。

 

是非とも地元のフィールドで、有名なメジャーレイクで大いに腕を振るってください。

 

そして、その時はタックルBOXにゲーリーのカスタムベイトを入れておくことをお忘れなく。

 

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

DAIWA ブレイゾンの緊急インプレ、牛久沼水辺公園にて

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ