藤の花 花言葉とは・なぜ鬼は藤が苦手なの?! 


最近やたらと耳にする、藤の花。

 

その藤の花言葉とはどういったものがあるのでしょう。

 

前半では藤の花言葉を

 

そして後半では「鬼滅の刃」で鬼が嫌う藤の花の根拠を推察していきたいと思います。

 

こんな感じでよろしいでしょうか、煉獄さん?

 

「うむっ!」

 

 

藤の花言葉は以下のとおり

 

藤の花言葉は以下のとおりです。

 

  • 優しさ
  • 歓迎
  • 決して離れない
  • 恋に酔う

 

いかがでしょうか、想像していた感じだったでしょうか。

 

私が初めて豪華絢爛に咲き誇る藤棚を見たのは

 

埼玉県の春日部を訪れた際に、たまたま目にしたものでした。

 

 

正直、最初に藤棚を見た印象はその迫りくる迫力からか

 

「なんか、怖い・・・」といったものでした。

 

しかし実際の花言葉は「優しさ」「歓迎」といったものです。

 

藤の花の最盛期は5月、古くから女性にたとえられるように

 

最盛期の美しさは息を呑むほどに美しい・・・

 

 

確かに家の入口に案内されて、咲き誇る藤棚を見せられたら

 

きっと多くの人は歓迎されている気持ちになる事でしょう。

 

 

また先程、藤の花の印象が女性にたとえられると云った通り

 

優しさ」といった花言葉も的を射ています。

 

 

ロマンチックな藤棚の下で「恋に酔う」決して離れない」と云った感情も十分に理解できます。

 

藤の原産地は日本です。マメ科フジ属。

 

 

藤の名所は、埼玉県春日部市にある「牛島の藤」

 

奈良春日大社の「春日野の藤」

 

大坂府福島区の「野田藤」

 

時間があれば足を伸ばして名所の藤を堪能したいものです。

 

では続いて、「鬼滅の刃」で鬼が嫌う藤の花の根拠を考えてみたいと思います。

 

 

なぜ鬼は藤の花を嫌うのか?!

 

※これらの写真は「鬼滅の刃」最終巻についていたフィギュアやクレーンゲームで獲得したものを使用して撮影しています。訴えないでね!

 

藤はマメ科の植物で、レクチンなどの毒が含まれているので注意が必要です。

 

作中では蟲柱の胡蝶しのぶさんが、毒を仕込んだ剣で鬼を退治していますが

 

きっとこの藤の毒をイメージしているのでしょう。

 

 

さて鬼は何故、藤の花を恐れるのか、この花に含まれる毒も関係がありそうです。

 

また藤の花は好日性植物と呼ばれています。

 

鬼を滅ぼす太陽の直射日光のさす場所を好んで、成長していく花です。

 

鬼殺隊の隊員だけが持つことを許される刀、日輪刀。

 

物語に詳しい方であれば、もうお気づきかと思われますが

 

そう、日輪刀の原料となる石は「陽光山」という山で、年中日光を浴びている鋼(はがね)なのです。

 

この鋼で作られたカタナのみが、鬼を滅することが出来る唯一の武器。

 

と同時に太陽光を存分に浴びて育った藤の花も鬼が近寄る事の出来ない植物なのでしょう。

 

これらは全て勝手な推論ですが、皆さんはどうお考えになるでしょうか?

 

 

実際に古(いにしえ)より魔よけの効果があると云われ続けている、藤の花。

 

本当に神秘的で艶やかなものである事は間違いなさそうです。

 

 

まとめ

 

作中で鬼殺隊の隊員に無償の奉仕をしてくれる「藤の花の家」

 

藤の家紋が誇らしく鎮座するその様は、是非一度でいいから泊まってみたい屋敷です。

 

多くの鬼狩り様を出迎える藤の花。

 

花言葉にも出てくる「歓迎」にもってこいの見事なシュチュエーションではありませんか。

 

最後に藤の花の花言葉には「忠実な」といったものもあります。

 

忠実であればあるほど頭(こうべ)を下げる

 

藤の花が藤棚から頭を垂れるにふさわしい花言葉です。

 

でもネズ子は何故、鬼なのに藤の花に拒否反応を起こさないのでしょう?

 

ウ~ン、考えるにネズ子は鬼であって鬼で無い、唯一無二の究極の生物なのかも知れません。

 

という事で、以上をもって終わりにしたいと思います。

 

では「ご武運を・・・」

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリ:年中行事  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ