プラモデル、迷彩塗装のやり方(スズキ ジムニー編)


プラモデルで迷彩塗装をビシッと決めてみたいですよね。

 

でもフリーハンドの迷彩塗装は、かなり敷居が高く感じられます。

 

そこで今回は市販のマスキングテープを使った、誰にでも簡単に出来るやり方を伝授。

 

クラウド迷彩用マスキングテープという名称で売られている、こちらを使います。

 

価格は通販で700円程。

 

実は私も迷彩塗装は始めての経験でしたw

 

でも出来上がったものを見て、大興奮! 本当に簡単に仕上がりました。

 

さあ、エアブラシか缶スプレーを用意して早速取り掛かりましょう!

 

 

迷彩塗装、実践編

 

今回使ったクラウド迷彩用マスキングテープには、SサイズとMサイズが用意されています。

 

1/32スケールのカーモデルであれば、Sサイズ。

 

1/24スケールのカーモデルであれば、Mサイズといったところでしょうか。

 

 

私は1/32スケールのアオシマ・楽プラ、スズキ ジムニーを塗装するのでSサイズを選択。

 

新型ジムニー、大人気ですよね。しかもこれが迷彩模様になるなんて、よだれが止まりませんw

 

では作業開始です。

 

元のボディカラーはジャングルグリーン。塗装するので、何色でもいいのですが。

 

その前に、何色の迷彩色にするか決めましょう。

 

グリーン系か?ブルー系?か。

 

迷うところですが、今回はグリーン系で行ってみます!

 

そして2色迷彩か、3色迷彩か?は、3色迷彩に決定です。

 

真ん中上の、グレー+ライトグリーン+ダークグリーンの組み合わせです。

 

完成するとこんな感じ。

 

これは白が入っているので4色迷彩ですが、これの白抜きとお考え下さい。

 

もちろんこのマスキングテープを使えば、4色迷彩でも簡単に仕上がります。

 

色を塗っていく順番としては、薄い色から始めた方が最初はいいようです。

 

 

それではライトグリーンから塗装していきます。

 

私はエアブラシですが、缶スプレーの方は薄く薄く仕上げるのがコツ。

 

ハイ、塗装が乾いたら早速、マスキングテープを貼っていきます。

 

最初に貼るマスキングテープは小さめのものから貼っていきましょう。

 

一枚のシートの中には、大小さまざまなシールがありますので、小さめを選びます。

 

うまく貼るコツは、空に浮かぶ雲をイメージするとイイとの事。

 

楽しいですねw

 

ではこの状態のまま、次のダークグリーンを上から塗装していきます。

 

ハイ、塗装完了です。この状態でシールをはがせば2色迷彩の出来上がりになります。

 

ここでは3色迷彩と決めているので次の工程へ。

 

 

このまま貼ったマスキングテープをはがさずに、更に大きめのマスキングテープを上から貼っていきます。

 

その際、大きめの柄で前の柄をまたぐように貼るのがポイントです!

 

背中に背負うスペアタイヤカバーも迷彩塗装です。

 

しかし、ちゃんと迷彩模様になっているのかな? 少し不安がよぎります。

 

では3色目のグレーを塗装してみましょう。

 

ハイ、塗装完了です。もう後戻りはききません。

 

ちなみに、もう一度マスキングして色を重ねれば、4色迷彩になります。

 

では覚悟を決めて、待ちましょう。

 

 

迷彩塗装、実践編 (マスキングテープはがし)

 

いよいよマスキングテープをはがしていきます。

 

はがすタイミングは、なるべく生乾きの状態ではがすと、際がきれいに仕上がるとの事。

 

放置しすぎるとはがした後、段差が付きやすいです。

 

デザインナイフの先を使い、慎重に慎重にテープをはがしていきます。

 

おー、ちゃんと塗り分けられていました。

 

楽しいけど、傷をつけないようにはがすのは意外と大変ですw

 

 

はがし終わりました。完成!!

 

スペアタイヤカバーも無事に迷彩模様になっていました。

 

はじめての挑戦にしてみれば、意外と上出来ではないでしょうか。

 

やはり、ここはケチらずに市販のものを使って大正解でした。

 

 

この後、やはりテープをはがした後の段差が少し気になったので

 

★クリア塗装

 

★コンパウンド磨き

 

等をして終わりとなりました。

 

 

ちなみにこのジムニーを使用したジオラマがこちらになります。

 

3色迷彩であえて白を入れなかったのは、この白いデカールを強調させたかったからです。

 

まるでTRUSTのデモカーのようw

 

フロントやタイヤ周りには筆で塗料をはじいて、泥ハネを表現しました。

 

スペアタイヤカバーもタイヤを黒く塗って、無事完成。

 

お疲れ様でした。

 

 

まとめ

 

今回紹介した都市型迷彩であれば、カーモデルだけではなく

 

ミリタリーモノやガンプラにも広く応用が利きそうですね。

 

是非あなただけのアイデアで、周りも驚く迷彩作品を作り出してください。

 

 

最後に今回使い切ったシートは、こんな感じでした。

 

一枚全部は使い切れていません。

 

これと同じものが、あと2枚入っています。

 

1/32スケールのカーモデルであれば、3台は余裕で行けそうです。

 

 

ただ精密なカットの為、切れ目が分かりづらく

 

老眼が始まった人には、ややきついというオチで締めたいと思います。

 

では、またお会いしましょう~

 

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ