スキルマーケットは副業の追い風となりうるのか?


近年、急成長を遂げているスキルマーケット。

 

あなたの得意な事を売り買いして、お金に換える。

 

誰しもやってみたいのではないでしょうか?

 

あなたの得意は、絵を描く事ですか。 それとも少し珍しい資格を持っているとか

 

スポーツ一筋の学生生活を送ってきたけど、この競技だったら初心者にアドバイスできるとか

 

そんなあなただけのスキルは、あなただけが知りうる特別なものです。

 

 

年々、成長を続けるスキルマーケットの現状はどうなっているのか、見ていきましょう。

 

スキルマーケットの現状は?

 

副業と言えば本業が終わってから、又別の場所で数時間働くといったイメージがありますが

 

実際そんなことをしていたら体がもちません。

 

そのような副業は、近い将来本業にも必ず影響が出てきます。

 

もちろん脱サラを目指し、将来開く予定のCAFEの仕組みを学ぶ為に似たような場所で

 

働くのであれば有意義ですが、そうでなければ自分自身がワクワクするものを選ぶべきです。

 

 

先日テレビでやっていましたが今は、得意の似顔絵を描いて6000円程で売るとか

 

バスケットボールのシュート率を上げるコーチをしてあげて、お金を稼ぐとか・・・

 

いつも行くスタバのメニューをアレンジして、そのレシピを500円で売るとか

 

本当にアイデア一つで、様々なスキルがお金に換わる時代です。

 

お金、お金とそれだけじゃないでしょ!という声も聞こえてきそうですが

 

お金は何にも代えがたいモチベーション維持につながります。

 

 

そして、その後に相手から感謝される、企業の目に留まり本の出版を頼まれる等

 

お金だけではない喜びも付いてきます。

 

 

でもそれは継続したからそうなったのであって、一ヵ月で止めたらタダの夢で終わります。

 

その為にも最初の指標は月々の収入を上げる事を目標にしていきましょう。

 

 

そして副業により、あなたの隠れた才能が目覚めれば、それはきっと本業にもイイ影響を与えるはずです。

 

これが本来の副業のあるべき姿であって欲しいと思います。

 

 

ただ、このような事って実は昔からありましたよね。

 

裁縫の得意な方が、かけはぎを請け負うとか、ピアノで賞を取った方がピアノ教室を開くとか・・

 

 

では何故、今スキルマーケットがこれほどの脚光を浴びているのでしょう。

 

時代が企業から個人の世界にシフトしているのは皆さん感じているはずですが

 

他には、ネット決済の進化によるものも大きいのではないでしょうか。

 

 

商売をしたことが無い方でも、Web上でクレジット決済等の仕組みを使えば

 

安全に確実に代金を受け取れるのが現代です。

 

更にそのようなスキルサイトに登録すれば、そういった作業さえ行わずに済むわけです。

 

 

いい時代になってきました。 でも、もう少し考えを進めてみませんか。

 

 

副業に新しい波、時間の切り売りではない副業

 

※これは実際に行って検証した事ではないので、あくまでもこんな考え方があるといった

 

観点で読んで頂きたいのですが・・・

 

 

例えば風水に詳しい方が、実際に自宅を訪問して家具などの配置を直すといった施業を行ったとします。

 

一回の施業代が5000円。 気になっている方は頼むかも知れません。

 

しかしその代金を受け取るためには、現地に赴く必要があるわけです。

 

当然、時間も手間もかかります。

 

「お金をもらうんだから、当たり前でょう」

 

たしかに今までは、それが当たり前でした。

 

 

でもこれならどうでしょう。 ある程度の資格のある方が

 

このような配置をしている方はタンスを北側に移すと吉ですとか、

 

玄関に置く観葉植物はこの種類にしましょう、とかをレポートにして

 

500円程で売るのです。

 

この様な情報はネットで探せば、いくらでも見つかりますが

 

言葉は悪いのですが、ネットリテラシーの低い方であれば注文する人がいるのも事実です。※

 

だますという事ではないので、そこは勘違いしないようにお願いします。

 

また、このようなサービスでは評価システムもあるので信用を無くしたら全て終わりです。

 

又その作成者が権威性や専門性の高い方であれば、より注文は増えるでしょう。

 

 

その風水のレポートがひと月に、4つ売れたとします。

 

買った人はそのレポートを読んで、自分で配置換えを行います。

 

そしてレポートの値段が500円なので、×4でその月の売り上げは2千円。

 

たった2千円?  そうです。

 

 

 

でもそれが永遠にWeb上に残って、あなたが寝ている間でも休みの日でも稼いでくれるとしたら

 

話は違ってきます。 しかも、あなたはその間何もすることはありません。

 

休日は休日らしく体を休めるも良し、好きな趣味に興じるのもアリです。

 

ここで少し面白い計算をしてみましょう。

 

ひと月に2千円の売り上げだとすると、一年置いておけば2万4千円。10年経てば24万円。

 

あなたがネット上からその情報を消さない限り、お金は生まれ続けます。

 

 

という事は、今あなたが書いているその情報は机上の計算ですが10年経てば

 

24万円を稼ぎ出す作業という事になってきます。

 

二時間で作ったとすれば、時給12万円です。

 

 

イイことばかり書いてきましたが、

 

例えば、そのスキルマーケットの会社がつぶれたら?

 

その可能性はあります。

 

ならば、自分でブログを立ち上げ「note」という媒体を使いWeb上に末永く残す手もあります。

 

 

note とは、文章やイラスト等を無料で公開し手軽に売り買いが出来るウェブサービスです。

 

 

これが俗にいう、Web上にあなただけの自動販売機を設置するという手法です。

 

先程、スタバのアレンジメニューを500円程で売っている人の話をしましたが

 

その方が何もしなくても、そこに自動販売機がある限りお金は生まれ続けます。

 

いつまでも時間の切り売りでは、体力が続きません。

 

 

ならば、最初に少し時間と労力をかけて努力してみるのもいいのではないでしょうか。

 

そして自動販売機は、一人一つまでしか設置できない訳ではありません。

 

やる気があれば、いくつでも設置できます。

 

 

是非、あなただけのスキルを探してみて下さい。

 

 

まとめ

 

このスキルマーケットは、更に時間をかけて拡大していくでしょう。

 

今は売り買いにかかる手数料も、10%を超えているようですが

 

競合する会社がたくさん出来れば、軒並み手数料の値下げも始まるはずです。

 

働き方改革が始まり時間に余裕が生まれ、副業解禁の企業が増えてきた今、

 

私たちの生活を豊かにするのは、空いた時間にバイトをする事でしょうか。

 

この様な個に注目が集まっている今だからこそ、挑戦に値する副業もあるはずです。

 

 

少しだけ脳みそに汗をかいてもらって、新たな世界へと入っていきましょう。

 

 

 

※副業することによってかかるリスクに関しては、すべて免責とさせて頂きます。

 

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ