缶コーヒーのおまけは何故なくなったの?昔はこんな物がありました!


最近まるで缶コーヒーのおまけ、見なくなりましたよね! 一体どうなっているのでしょう。

 

いろいろ推測するに、中国等での人件費が上がり、採算が合わなくなったとか、

 

プラスチック問題が急浮上してきているので、やめたとか・・・。

 

はたまた、コンビニでドリップコーヒーを売り出したが為に、

 

缶コーヒーの市場が狭まり、おまけを付ける余裕がなくなったとか・・・。

 

ただコンビニコーヒーに関しては、逆にコーヒーの認知度が上がり、

 

缶コーヒーもそれにつられて売り上げが伸びているそうです。

 

そもそも、缶コーヒーの利益はどの程度あるものでしょか?

 

 

原料や缶自体のお値段は35円程だそうです。

 

そこから輸送費や宣伝費用を差し引くと大体20円~30円程でしょうか。

 

そう考えると、人件費が上がった昨今ではおまけ一つ付けるのも大変なのでしょう。

 

 

昔は本当に魅力的なおまけがありました。

 

ヤフオクでもいまだに高値で取引されているものもあります。 少し、見ていきましょう。

 

缶コーヒーのおまけ、金字塔はUCCでした!

 

これは勝手に私だけが言ってる事なので、統計的根拠はありません。 が、これは凄い!

 

何かというと、以前UCCコーヒーに付いていた「ヨシムラism」のオートバイ達です。

 

しかも、そのチョイスが玄人好みで本当に泣かせます。

 

 

「ヨシムラ」とは、世界に誇る二輪チューニングパーツのコンストラクターです。

 

コンストラクターとは、建設者、建造者といった意味です。

 

その創業者でチューニングの神様といわれたPOPヨシムラ氏が生み出したヨシムラ集合管を、

 

このおまけは装着しているのです。 レアすぎるだろ・・・。  

 

例えば・・・

 

こんな感じです。 おまけですよ!これ。

 

これはSUZUKI GSX1100刀HONDA CB750Fです。

 

そう、お気づきの方もいると思いますが、二つ並べるとあの「バリバリ伝説」が完成します。

 

 

しかも、スタンドまで付いてます。

 

作りが細やかで、ハンドルは切れるわ、タイヤは回るわでいまだに高値で取引されているのもうなずけます。

 

大体、ひとつ300円~500円程でしょうか。シリーズ全部となると、5000円前後はします。

 

(缶コーヒーより高くなってます 笑)

 

 

市場に出回るものが少なくなれば、もっと値段が上がるでしょうね。 実際、値上がりしています。

 

これはどうでしょう。

 

HONDA CB400FouRです。

 

手前の色違いの黄色が珍しく、こちらも最近ではめったに売られていません。

 

こういった昔のオートバイも揃えているあたり、感心致します。

 

これは、どうでしょう!

 

HONDA CB750FOURです。 こちらも手前のゴールドはほぼ入手困難です。

 

もし、この金型がどこかにあるのならば、是非再販していただきたいです。

 

おまけでなくても結構ですので、よろしくお願いいたします。

 

 

あとは、これ! KAWASAKI Z400FX です。 本当にチョイスが泣かせます。

 

これ企画された担当者の方もきっと、バイク大好きだったと思います。

 

本当に、もう勘弁してください!って感じですね(笑)  スケールは、1/42になります。

 

たかが、おまけ。 しかも、缶コーヒーに付いてる販促品にここまで情熱を注げるものでしょうか。

 

 

あとは、SUZUKI GSX1300R 隼。 圧倒的トルクで最高速までもっていくモンスターです。

 

この隼、排ガス規制の関係で製造を止めるらしいです。 プレミアが付きそうです。

 

 

極めつけは、ヨシムラ KATANA1135Rです。 世界に5台しかない伝説のスポーツバイクです。

 

刀乗りであれば、誰もが一度は見てみたい、この1135R

 

手曲げのヨシムラチタンサイクロンマフラー、オーリンズのショック、それらすべてを再現しています。

 

手前が1135Rです。 缶コーヒーのおまけでここまで熱く語る人も珍しいですね。

 

といった感じで、昔の缶コーヒーのおまけは本当にクオリティが高かったですね。

 

あと、同じシリーズで ハーレーダビットソンもありました。

 

こちらもクオリティが凄かったです。

 

この時期、UCCの販促部署は何かあったのでしょうか?

 

他にも各メーカーさんもいろいろなおまけを付けていました。

 

車のシリーズも充実していましたね。 よき時代でした。

 

まとめ

 

缶コーヒーを買えば、タダで手に入るこのおまけ。 何だかとっても得した気分になります。

 

皆さんのお宅にも、案外高く売れるお宝が眠っているかも知れません。

 

おまけだから、当然非売品になる訳です。 そういった非売品だからこそ価値が出るのですね。

 

たかが、おまけ、されど、おまけという事で今回は終わりたいと思います。

 

 

 

食玩でもこんなバイクがありました。 少年マガジン カスタムバイク コレクションが超泣ける~!

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ