パラリンピックの歴史を知って、2020東京大会を楽しもう!

ここ近年、パラリンピックが「スポーツ」としての地位を高めてきています。

 

元々は、リハビリの一環として発展したものでしたが、

 

今や数多くのスターを生み出すまでに成長してきました。

 

車椅子テニスの国枝選手や上地選手は誰でも知っている有名アスリートです。

 

また、最近よく目にする車いすバスケットボールの強烈なぶつかり合いなどは、

 

本当に手に汗にぎるものです。

 

記録においても、車いすマラソンや重量上げ(パワーリフティング)などは健常者の記録を上回っています。

 

 

2020東京パラリンピック大会において、どのようなドラマが繰り広げられるのか!

 

今から、ワクワクが止まりません。 では、そのパラリンピックの歴史から見ていきましょう。

>> 続きを読む


東京オリンピックでボランティアを目指す あなたへ

2020年、東京オリンピック・パラリンピックが迫ってきました!

 

もう、すでに2018年9月26日から、東京オリンピックのボランティア募集が開始されています。

 

締め切りは12月上旬との事。 興味のある方は早速、検索です。

 

東京2020大会ボランティア

 

あの世界のオリンピア達を間近に感じながら、共に東京オリンピックを楽しめるのです。

 

ボランティアの募集は先着順ではありません。

 

応募者の中から適材適所に沿って選考されます。

 

かなりの申し込みが予想されますので、倍率はけっこう高いのではないでしょうか。

 

 

「大会の顔」とも呼ぶべき大会ボランティアの募集人員は万人、都市ボランティア万人

 

その他に自治体などのボランティアが万人。 全て、合わせると11万人の募集になります。

 

 

ボランティアというからには、当然無償になります。

 

交通費として1000円ほどのものは出るそうですが・・・。

 

そして、東京オリンピックが開催される7月、8月は夏真っ盛り!

 

ある程度の体力も必要になってくる事でしょう。

 

 

また、応募条件の中には、大会期間前後を通じて10日以上活動出来る方、といったものが含まれています。

 

中々にサラリーマンであれば簡単には取れない休暇です。

 

 

しかし、それらを補って余りあるものがオリンピックにはあるはずです。

 

これを逃すと、この後こういったチャンスは、いつ巡ってくるかも分かりません。

 

さあ、あなたはどうしますか?

>> 続きを読む


当ブロブ管理人

おたけと申します。茨城県在住です。地元ならではの情報も順次、取り入れて参りますので、よろしくお願い致します。

カテゴリー
人気記事一覧
スポンサーリンク




最近の投稿
アーカイブ

ページの先頭へ