セロトニンの効果、歩いて増やせセロトニン!


最近気分がスッキリしない!とか、気持ちが落ち込みがちになるとか

 

考えたことがある人は、セロトニン不足を疑ってみましょう。

 

このところよく耳にするセロトニンとは一体、どんなものなのでしょう?

 

セロトニンとは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質の一つです。

 

うつ病の原因の一つとされる、セロトニン不足は脳内セロトニンの不足が原因で

 

腸内で合成されるセロトニン不足ではありません。

 

 

では、そのセロトニンはどうやって作られるのでしょうか?また、その効果とは・・・

 

 

セロトニンの効果と増やし方

 

セロトニンは腸に約90%、血液中に5%、脳内に5%あるといわれています。

 

この脳のセロトニンが気分の安定や睡眠に影響を与えているわけです。

 

セロトニンの効果は、不安や恐怖が抑えられ精神が落ち着いたり、

 

痛みが和らぐといったものが挙げられます。 

 

また、興奮を抑え、リラックスさせてくれるといった効果もあります。

 

食事により合成されるセロトニンは、トリプトファンというアミノ酸を使い、

 

体内で合成されます。 このトリプトファンは、あらゆる食材に含まれており、

 

偏食しなければ摂取できますので、さほど意識しなくても大丈夫です。

 

 

逆にサプリメントなどでトリプトファンを過剰に摂取することで、

 

副作用などの問題も出てきますので注意が必要です。

 

 

では、逆にこのセロトニンが不足するとどういった症状がでてくるのでしょう?

 

セロトニンが不足してくると、ネガティブな思考になったり、精神が不安定になってきます。

 

また、疲れやすく、寝つきが悪いといったものもあります。

 

 

当然、体がだるく寝不足であれば、周りのものへの攻撃性が高まります。

 

これらの事から、セロトニン不足はうつ病やパニック障害とも深く関わってきます。

 

 

それでは、どのようにすればセロトニンを増やすことができるのでしょうか?

 

まず、よく言われるのが適度な運動ペットと触れ合ったり

 

入浴時にリラックスすると良いといわれます。

 

先程、触れたセロトニン不足の症状を緩和するには、腸内で増やしたセロトニンではなく、

 

脳幹で合成されたものが効果があるわけです。

 

 

そのような訳で、日常で運動などを取り入れ、規則正しい生活を心掛ける事が大切になります。

 

特に重要なのが、朝日を浴びるという事です。 

 

太陽光を浴びると太陽の光が網膜に入りセロトニン神経を刺激してくれます。

 

これによりセロトニンが分泌されるのです。

 

 

更に、朝セロトニンの分泌が十分に行われますと、

 

夜にメラトニンという睡眠に必要な物質をスムーズに生成してくれるわけです。

 

 

睡眠に誘うメラトニンに関しては、こちらも参考になります。 睡眠をとる効果とは?脳の不思議を解明する

 

 

本来であれば、日の出と共に働き、日没とともに眠るといった人間本来の生活をすれば

 

セロトニンやメラトニンといった事を勉強しなくてもいいはずです。

 

アフリカの奥地に住む原住民には、癌や精神的な疾患は存在しません。

 

とはいえ、現代社会では無理な話ですね。

 

 

では、我々にできる事から始めましょう。 おすすめしたいのがウォーキングです。

 

 

セロトニンを生み出すウォーキング

 

このブログでは再三、ウォーキングの話をしていますので、

 

またか!とお思いでしょうが、ちょっとお付き合い下さい。

 

 

セロトニンは脳の視床下部や大脳基庄核などに、高密度に分布しているそうです。

 

視床下部?、聞きなれない名前ですが、これは脳の最も原始的な部分です。

 

この「視床下部」はヘビやワニなど脳を持つ生物はすべて持っているものです。

 

 

そこで、この部分を「爬虫類脳」と呼ぶ科学者もいます。

 

我々、人間はこの上に大脳新皮質と呼ばれる新しい脳を持っていますが、

 

根幹となる視床下部はヘビ達と同じです。 何やら、あまりイイ気はしませんが・・(笑)

 

 

ただ、このセロトニンが高密度に分布している視床下部の役割は、何かといいますと

 

すべての生き物に共通したもの、そう単純に「生き残る」というものなのです。

 

 

生物としての強さ、我々の祖先が生き残りをかけて育て上げてきた部分です。

 

ウォーキングはこの視床下部を活性化させます。 

 

 

まず、歩き始めて15分ほど経つと「βエンドルフィン」というホルモンが分泌されます。

 

これは、気持ちが高揚し、何事にもポジティブに考えられるようになるホルモンです。

 

 

続いて、20分が過ぎますと今度は「ドーパミン」というホルモンが分泌され始めます。

 

これは、ハッピーな気持ちが更に高まり、夢やアイデアがどんどん生まれてきます。

 

 

そして35分から40分を過ぎますと、ついに「セロトニン」が分泌され始めます。

 

セロトニンの効果として、それまでの興奮を抑え、リラックスを促してくれます。

 

更に、浮かんだアイデアなどをまとめ、現実味を帯びた計画を作ってくれます。

 

 

わずか、40分足らずのウォーキングで脳の中はこのような快楽ホルモンで満たされるのです。

 

ただ歩くというこの原始的な行為に隠された、驚くべき人体の不思議です。

 

 

ちょっと脱線しましたが、やはり自分の体で生成するセロトニンの方が何よりも効果があり、

 

体へも優しいものなのは間違いありません。 一つ、検討してみて下さい。

 

ウォーキング関連の記事は、ウオーキングダイエット、かなり得するやり方、続け方。

 

 

まとめ

 

また、セロトニン生成には腹式呼吸も良いといわれています。

 

色々と効果のある方法もありますが、好きなことをしているときも

 

セロトニンは生成されるという事です。

 

 

あなただけの趣味を見つけて、それに没頭してみるのもお勧めです。

 

昔、やりたかったけどやらずにあきらめた事はありませんか?

 

今なら出来るのではないでしょうか?

 

 

考えただけでも、ワクワクするようなものがおありでしたら、是非やってみる事を強くおすすめします。

 

では、また・・・。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ